不動産会社の選び方

不動産を売却したくても誰に頼めばいいのかわからず、不安を感じる方はいらっしゃると思います。何度も経験することでもないため、できれば誰に依頼するかの基準があると業者を決めるのが楽になりますよね。

そこでこのページでは不動産売却で後悔しないために、不動産会社の選び方や注意点をご紹介します。

不動産売却で失敗しないためには業者選びが大切

家や土地など、不動産を売却する時に大切なことは「業者選び」です。不動産売却は個人で行うことも可能ではありますが、買主を探すことや売買契約を結ぶことなど、ハードルは高いです。

そのため自分の不動産をより早く、適切な価格で売却してくれる業者を選ぶことが不動産売却で失敗しないためのポイントと言えます。不動産売却を検討しはじめたら、まずは信頼できる不動産会社を探すこと、これを念頭に置くようにしましょう。

不動産業者の選び方

では実際にどのように信頼できる不動産会社を選べばいいのかについて、いくつかのポイントに分けてご紹介していきます。

大手か中小かだけでは決めずに、サービス内容も確認

初めて不動産を売却する方にとっては、とりあえず大手の不動産会社を選んでおけば間違いないと考える方もいらっしゃると思います。しかし会社の規模が大きいからといって、必ずしもお客様の希望に沿った売却をしてくれるとは限りません。

また大手の方が情報を持っているだろうと思われるかもしれませんが、業者が取り扱っている不動産情報には大きな差がありません。なぜかというと、不動産業界では「REINS(レインズ)」という不動産の流通情報を管理するシステムがあり、どの業者でも同じ情報が確認できるようになっているためです。

では何を見ればいいのかというと、おすすめはサービス内容です。不動産会社は各社によってお客様の得になる様々なサービスが用意されています。例として、当センターでは「買取保証サービス」というサービスを展開中です。サービスの詳細については「買取保証サービス」ページをご覧ください。

信頼できる担当者かどうかを確認

不動産会社の規模やサービス内容に加えて、担当者が信頼できるかどうかも確認するとよいでしょう。そのためには資格の有無や親身になってくれるかなどを見ることがポイントです。

不動産の売却には経験や実績も大事ですが、専門的な知識を身に付けているとより信頼できると言えます。主な資格としては「宅建士」です。担当者がこの資格を持っていれば、不動産売買における知識を持っていると言えるでしょう。

またこちらが疑問に感じたことについて、親身に答えてくれるかどうかも重要なポイントです。何度も不動産売却を経験することは専門職の方以外なかなかありません。当然不安になったり、悩んだりすることもあるでしょう。その際に担当者が丁寧に答えてくれる人であれば安心して任せられるはずです。

複数社に査定してもらう

不動産売却を考える際、自分の家や土地がいったいいくらで売れるものなのか気になるかと思います。ですが不動産の相場を自分で調べるのは、専門的な知識も必要で大変です。そこでおすすめなのが、複数の業者に査定してもらうことです。

不動産の相場は場合によっては業者ごとに価格が大きく異なることもあります。ただしあまりにも高すぎたり安すぎる査定結果の場合は注意が必要です。適切な相場感を得るためにも、いくつかの不動産業者にて査定を依頼してみましょう。

新潟県不動産買取センターでは、新潟県の家や土地の売買に長年携わってきた各社に査定を依頼することができます。地元密着の企業だからこその適切な査定で、お客様の不動産売却をサポートします。

信頼できる不動産業者を選び、より良い不動産売却を

これまで不動産売却における業者選びについて、規模だけでなくサービス内容や担当者、相場を知ることがポイントであるとお伝えしました。大切な家や土地を託すことになるため、今回お伝えしたポイントをもとに信頼できる不動産業者を見つけてください。

pagetop