処分に困っている不動産

相続など何らかの事情によって所有している不動産、自分が住むこともないのに固定資産税などのコストが毎年かかっていませんか?ただ処分するにしてもどのようにしたらいいのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。このページではそんな処分に困る不動産について発生する義務や処分方法の一例をご紹介します。

不動産の所有義務

不動産を所有していると様々なやるべきことや義務が発生し、その対応で手一杯となり、あまり活用できずに処分を検討される方もいらっしゃいます。まずはその義務等を確認していきましょう。

固定資産税

不動産は所有するだけで固定資産税の支払い義務が生じます。土地自体の評価が低い場合は固定資産税も莫大な額がかかるわけではありませんが、それでも継続的に支払う必要があるため少なからず負担になってしまいます。

土地や家の管理

所有する不動産は定期的に管理する必要もあります。放置することによって草木が他社の住宅等に影響を出すこと等がないようにしましょう。

損害賠償責任

例として使用していない家などの建物がある場合、これが倒壊して通行人や周囲の住民に怪我をさせてしまうと損害賠償責任を負う必要があるため注意が必要です。

土地売却の検討

土地を手放す方法はさまざまですが、これは売れないだろうと決めつけずに一度「売却」を検討してみましょう。売出し価格だけでなく、売り方を変更することで不要な土地をより良い形で処分することができる可能性があります。

売れるかどうか確認する

まずは不動産の買取を行っている会社にて、所有する土地が売れるのかどうかを確認してみるとよいでしょう。「需要がなさそう…」と思っていた土地でも、相談してみると予想より価格が高かったということも起こり得ます。ぜひ一度ご相談ください。

売出し価格を低く設定する

できる限り高く不動産を売却したいものですが、高すぎる設定によって需要とマッチせず、何ヶ月も固定資産税などを支払わなければいけなくなることも。回避するためには一度売出し価格を低く設定してみることで処分までがより早くなることもあります。

更地にして売り出す

例えば新たに住宅を建てることができる土地であれば、今ある建物を解体して更地にすることで売却ができる可能性があります。

処分に困る不動産もサポート

ここまで不動産を所有することによって発生する義務や、売却方法の一例をご紹介しました。新潟県不動産買取センターでは、上記で紹介したような土地や住宅などの不動産についても、ご相談を承っております。まずはお気軽にご相談ください。

pagetop