不動産売却にかかる費用

土地や家など不動産を売却する時は様々な手数料や税金がかかります。何にどれくらいの費用がかかるのかを事前に把握し、売却前後の資金計画をできるだけ正確に行えるようにしましょう。

売却にかかる費用とは

不動産売却には仲介手数料や印紙税など、様々な費用がかかります。代表的な項目を挙げると下図のようになります。

項目 費用目安
仲介手数料 ( 売却額 × 3% + 6万円 )+ 消費税
印紙税 1,000円〜6万円  ※売却金額により変動
登記費用 抵当権抹消費用など 司法書士に依頼し5,000円~2万円ほど
その他費用 測量費、解体費など 内容に応じて変動

仲介手数料

仲介手数料は、不動産の売却を依頼した業者に対して支払います。宅建業法において成功報酬主義がとられているため、媒介契約を結んだときではなく、売却が成立した際に成功報酬として支払うことになります。

計算式としては、( 売却額 × 3% + 6万円 )+ 消費税であり、仮に依頼した不動産の売却価格が3000万円、消費税が10%の場合、仲介手数料は下記のようになります。一例としてご確認ください。

仲介手数料=3000万円 × 3% + 60.000円 + 96.000円(税)= 1.056.000円

印紙税

印紙税は売買契約書に貼る印紙を指し、定められた額の因子を貼り税を納入する必要があります。気になる印紙の金額ですが、契約書に記載された物件の売買価格によって、下図のように金額ごとに定められています。

記載された契約金額 税額
10万円を超え 50万円以下 200円
50万円を超え 100万円以下 500円
100万円を超え 500万円以下 1千円
500万円を超え 1,000万円以下 5千円
1,000万円を超え 5,000万円以下 1万円
5,000万円を超え 1億円以下 3万円
1億円を超え 5億円以下 6万円
5億円を超え 10億円以下 16万円
10億円を超え 50億円以下 32万円
50億円を超えるもの 48万円

通常、売買契約書は売主と買主用に2通作成します。2通分の印紙税が必要ですが、売主と買主が1通分ずつ負担することが多いです。

登記費用

不動産を売却する際、売却物件に住宅ローンが残っていた場合は「抵当権抹消登記」などの費用を負担する必要があります。抵当権を抹消しないと、金融機関は対象の不動産を競売にかけることができてしまうため注意が必要です。

依頼する司法書士への報酬も合わせて、抵当権の抹消にはおおよそ2万円ほどの金額がかかると考えておきましょう。

その他費用

その他には土地の測量費、建物の解体費などがかかる場合があります。
測量は売却後に買主とのトラブルを避けるためにもおすすめの方法です。というのも、その土地の境界標をハッキリさせておかなければ、後々土地の権利範囲についてトラブルが発生してしまう可能性があるためです。

また既にある建物を解体し、更地にして売却するのであれば、建物の解体費用がかかります。こちらは購入希望の方や不動産業者の担当者とよく相談の上、解体するかどうかを決定するとよいでしょう。

資金計画をサポート

一般的な不動産売却における費用についてご紹介してきました。実際には売却する不動産によってどの費用を負担する必要があるのかは変動するため、まずは信頼できる不動産会社にご相談することをおすすめします。

新潟県不動産買取センターでも不動産売却にかかる費用についてご相談を受け付けております。新潟県内の不動産については、ぜひ当センターにご相談ください。

pagetop