売却にかかる時間

不動産売却を考えている方にとっていくらで売れるかと共に気になるのが、どれくらいの期間で売れるのかだと思います。そこで土地や家といった不動産の売却にかかる時間についてご紹介します。売却までの期間を把握し、その後の資産計画やお引越しなどがスムーズになるようにしていきましょう。

仲介での不動産売却にはどれくらいの時間がかかるのか

不動産売却の流れ

不動産の売却までには一般的には早くても3ヶ月以上、遅くて6ヶ月ほどかかると言われています。不動産の売却方法として、不動産会社に買主を探してもらう「仲介」が一般的ですが、買主が見つからなければ売れません。

すぐに現金が必要という場合には「買取」という方法もあります。

仲介での不動産売却にかかる時間の詳細

ここからは不動産を売却する際の各工程についてお伝えします。何にどれくらいの時間がかかるのかを前もって知っておくことで、焦らずに余裕を持った計画を立てることができるようになるので、ぜひご確認ください。

1.不動産の査定

まずは売りたい家や土地などの不動産について、売却価格がどれくらいになるのか知るために不動産会社に査定を依頼します。おおよそ1~2週間ほどと考えておくとよいです。このとき適切な売却価格を把握するために、複数の業者に査定してもらうと良いでしょう。

2.業者との媒介契約

適切な相場感を把握し、信頼できる不動産業者と媒介契約を結びます。こちらも1~2週間かかると覚えておきましょう。

3.売却開始

売却中の不動産に購入希望者が見つかれば、続いて売買契約の締結へと進みます。ただし購入者が住宅ローンなどを利用する場合は、ローン審査を待つことも必要です。すべて含めると2週間~1ヶ月ほどかかると言われています。

4.売買契約の締結

不動産業者との媒介契約後にいよいよ売却が開始されます。所要期間は様々な要因によって変化しますが、概ね1~3ヶ月ほどと考えます。

期間中に内覧を行いたいといった希望があれば、日程を調整して対応しましょう。家の状態について質問がくることも多いので、できる限りで把握しておくことをおすすめします。また可能であれば掃除をしておき、気持ちよく内覧をしてもらえるようにしましょう。

5.土地の引き渡し

土地代金を買主から受領した後、土地の引き渡しを行います。引き渡し後にトラブルが起きないようにできることは行っておきましょう。例えば土地に関するルールとして、道路に接する土地の面幅が2m以上確保する必要があります。担当する不動産業者とも確認し、スムーズに引き渡しを行えるようにしましょう。

まとめ

これまで確認してきたように、不動産売却には多くの手順と時間が必要になります。場合によっては半年近くの期間がかかることも考えながら計画を立て、できるだけ滞りなく売却が行われるように行動していきましょう。

新潟県不動産買取センターでは初めての方でも安心して土地売却を行って頂けるように、経験と知見を活かしてサポートさせていただいています。新潟県の不動産売却をお考えの方はぜひ一度ご相談ください。

pagetop