住替え・買換え

仕事の関係や子ども達の成長など、ライフスタイルの変化によって住替え・買換えを検討したことはありませんか?ただ「具体的にどんな流れで行えばいいの?」と疑問を持つ方が多いのではないでしょうか。

そこでこのページでは住替え・買換えの種類や流れ、特徴などをご紹介します。納得の住替え・買換えのため、ぜひご覧ください。

住替え・買換えには2つの方法があります

住替え・買換えには現在所有している家を売ること、そして新しい家を買うこと、この2つを行う必要があります。そして家を売るのが先(売り先行)か、家を買うのが先(買い先行)かによって少し流れが変化するのです。1つずつ把握していきましょう。

売り先行の場合

売り先行は現在所有している家を不動産会社にて査定・媒介契約を結び、買い手を見つけてもらうことが先になります。家を先に売却するため、その売却金を新しい家の購入に利用できます。

売り先行のメリット 売り先行のデメリット
  • 新しい家の購入資金を確保できる
  • 焦らずに時間をかけて売り先を探すことができる
  • 新居が決まるまでは一度、仮住まいに引越しする必要がある

売り先行時の流れ

売り先行時の流れ

買い先行の場合

買い先行は、新しく住む家を買うことが売るよりも早い場合を指します。売り先行時のように、家の売却金を新居の購入資金に充てないため、資金面で問題のない方向けの方法とも言われています。

買い先行のメリット 買い先行のデメリット
  • 現在の家から新居に直接引っ越せる
  • 急いで新居を探す必要がない
  • 新居購入の資金に売却金を使えない

買い先行時の流れ

買い先行時の流れ

おすすめは売り先行の住替え!まずはご相談ください

住宅の住替え・買換えについてご紹介してきましたが、改めてポイントになる部分を下記にご紹介します。

  • 住替え・買換えには「所有する家の売却」と「新居の購入」を行うことが必要
  • 売却を先に行う「売り先行」と、購入が先の「買い先行」がある

初めて住替え・買換えを行う方には新居の購入に現在の家の売却金が使える「売り先行」がおすすめです。買い先行にすると、もしも家が売れなかった際のリスクがあるためです。

ただしお客様の状況によってどちらが適切かが変動するので、住替え・買換えをご検討されている方は、お問い合わせよりぜひ当センターにご相談くださいませ。

pagetop