任意売却・競売回避

昨今、当センターに住宅ローンの返済に関するご相談いただくことがあります。しっかりと計画を立てていても、何らかの事情により住宅ローンの返済が難しくなったというお客さまもいらっしゃいます。

その際、お持ちの不動産の任意売却、もしくは競売が行われますが、違いや特徴がわからずどうすればいいのかわからない方もいらっしゃると思います。そこで本ページでは、任意売却と競売についてメリット・デメリットや流れをご紹介します。

任意売却

任意売却とは

任意売却は住宅ローンなど借入金が何らかの事情で返済できなくなった際に、借りている銀行等の金融機関の合意を得て不動産を売却できる方法です。

本来なら住宅ローンの滞納が続いた時、金融機関に残債(残りの借り入れ金額)を全額返済する必要があります。所有する不動産を売って返済の足しにしたいところですが、不動産には抵当権(担保)が付いており、勝手に売買することができません。

そこで金融機関の合意を得て不動産を売却し、売却代金から諸経費を控除した金額で残債を返済し、抵当権を解除・売却します。

任意売却のメリット・デメリット

任意売却は一見メリットが多いように見えますが、デメリットがあることも確かです。どちらも理解した上で、任意売却を行うようにしましょう。

メリット1.市場価格と同様の価格で販売できる
不動産が売却できれば住宅ローンの完済をすることが可能です。
メリット2.近隣の方に売りに出していることが知られない
競売とは異なり、売りに出されている物件であることが近隣の方に知られず、精神的な安心感を得ることができます。
メリット3.引越し費用の一部を控除してもらえる可能性がある
不動産の売却後には引っ越しが必要になりますが、その費用の一部を売却代金の中で控除してもらえる可能性があります。
デメリット1.住宅ローンの滞納により信用情報機関に登録される可能性がある
任意売却を行うにあたり、どうしてもローンを滞納する期間ができてしまいます。そのため信用情報機関への登録、いわゆるブラックリストに掲載され、その後数年間は大きな額のローンを組むことが難しくなる場合があります。
デメリット2.連帯保証人・債権者からの合意が必要
任意売却には債権者の合意はもちろん、連帯保証人などの同意が必要となります。
デメリット3.競売となるケースもある
競売の申立が行われた場合、手続きが進み競売が完了となるまでに任意売却を成立させることができないと競売となる可能性もあります。

任意売却の流れ

任意売却の大まかな流れは下記の通りです。詳細についてはご相談いただいた際にご説明いたします。

任意売却の流れ
当センターへのご依頼
任意売却は金融機関との交渉が発生するため、どこでもいいからと依頼を行うとかえってリスクになるケースもあります。まずは当センターにご相談いただき、お客さまのご状況をお聞かせください。
面談等でのご相談
お客さまのご状況やご希望について詳細にお聞かせください。当センターではお客さまの秘密を守り、できる限り不安を少なくできるようお手伝いさせていただきます。
債権者との交渉
お客さまの借り入れ先の金融機関等と不動産の任意売却について交渉を行います。交渉は当センター担当員が誠実に対応いたしますのでご安心ください。
売買契約・お引越し
無事に金融機関の許可、買主様との合意が得られたら売買契約を結び、お引越しを進めていきます。

任意売却を行うには

任意売却について検討している方は、まず当センターにお電話等でご相談ください。できる限りご相談から引き渡し・引っ越しまでのお時間を短くできるよう、現状について把握させていただき、その後任意売却に向けて素早く進行します。

競売回避

競売とは

競売とは住宅ローンの返済ができなくなった際に、銀行等の債権者が貸したお金を回収するために裁判所に申し立て、不動産を強制的に売却することなどを指します。

任意売却とは異なり、申立が行われるて手続きが進むと強制的に不動産が売却されてしまうため、不動産がなくなることに加えて精神的なダメージが大きくなってしまいます。

競売の流れ

競売の大まかな流れは下記の通りです。

競売の流れ
債務者から債権者への返済の滞納
何らかの事情によって、住宅ローン等の返済が数ヶ月滞納してしまう状態。
債権者が裁判所に競売の申立を行う
金融機関等の債権者が、できる限りローンのお金を回収するために裁判所を通じて不動産を強制的に売却する手続きを行います。
裁判所が債務者の不動産を差し押さえる
手続きが住むと、裁判所が担保不動産競売開始決定の通知を送り、不動産の差し押さえが開始されます。
競売になり、不動産が売却される
該当の不動産が競売にかけられ、入札が行われます。開札期日に行われる改札によって最高価買受申出人が決まるり、代金が納付されると所有者が変更に。その後、元の所有者の強制立ち退きが行われます。

競売を回避するには

競売についてお困りの方は、当センターにご相談ください。
競売はお客さまへの各種負担が大きいため、可能であれば回避することがおすすめです。当センターでも多くのお客さまから競売にせずに解決できないか、といったご相談をいただいています。

またご相談内容は秘密厳守にて対応いたしますので、プライバシーに不安を感じる方でも安心してご利用いただけます。なおお客さまのご状況によっては、ご希望に添えないケースもありますので何卒ご了承ください。

当センターによるサポート

住宅ローンの返済に関するお悩みはなかなか人に相談しにくいと感じるもの。また本ページでご紹介したように、競売はお客さまの金銭面だけでなく精神的にも負担になってしまいます。

当センターでは競売を回避、任意売却にて少しでもお客さまの負担を少なく新しいスタートがきれるようにサポートいたします。お困りの方は下記リンクからお問い合わせフォームからご連絡いただくか、お電話にて遠慮なくご相談ください。

pagetop