不動産仲介と買取の違い

不動産売却には2つの方法があり、それが本ページでとりあげる「仲介」と「買取」です。それぞれ具体的にどのような内容なのか、どう違うのか、メリット・デメリットなどについて解説します。

仲介・買取とは

不動産売却の方法として代表的なものが「仲介」です。こちらは売却する不動産を不動産会社に任せ、買主を不動産会社に探してもらうことを指します。「買取」は不動産会社に直接買い取ってもらうことを指します。


仲介及び買取のメリット、デメリット

仲介と買取のメリット 仲介と買取のデメリット
仲介と買取のメリット

仲介のメリット

仲介による不動産売却のメリットは、市場価格で売ることができることです。不動産には相場があるため必ずしも高額で売れるわけではありませんが、希望金額に基づいて独自のネットワークを活用し買主を探してくれます。

買取のメリット

不動産会社に直接買い取ってもらう方法では、査定金額に納得すればすぐに売却できることがメリットになります。確実に資金確保ができるため、住替えなどの場合は資金計画が立てやすくなることも嬉しいポイントです。

仲介と買取のデメリット

仲介のデメリット

仲介では市場に出して買主を探す分、買取と比べて売却までに時間がかかることがあります。比較的時間に余裕のある方におすすめであると言えるでしょう。また売却を不動産会社に依頼するため、仲介手数料がかかります。

買取のデメリット

買取によるデメリットとして挙げられるのは、仲介と比べて買取金額が比較的安めであることです。確実に買い取りが行われる分、どうしても多少安くなることは考慮したい点と言えます。

適切な不動産売却

不動産売却の方法として「仲介」と「買取」の2種類があること、そしてそのメリット・デメリットについてご説明しました。両方法の違いを把握して、適切に不動産を売却しましょう。

また「どちらのやり方で売却すればいいのかわからない」という方がいれば、遠慮なく新潟県不動産買取センターにご相談ください。当センターでは仲介と買取の良いとこどりと言える買取保証サービスもご用意し、お客様の大事な不動産を買い取りします。

pagetop